空うさぎ

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰ってきました!

<<   作成日時 : 2012/12/08 16:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


夫が感染性胃腸炎になったので、私は二泊三日で実家に避難してたのですが、夫も完治し、私には移らないですみました。

結婚してから、実家に泊まる事は初めてで、二泊も外泊したのは、初めてでした。

画像





帰る日の朝もお散歩して、かわいい鳥さん発見

家に帰ると夫が、

「1人で寝てたらさー、やっぱり空の音とか、気配がするんだよー」

と、言うので、きっと心配した空が様子見にきたんじゃない?と軽く返事すると、

「いや、ほんとにー!ほんとに、水飲む音とか、カリカリする音が、何度か聞こえたよ」

と、ほんとに聞こえたようです。

空、夫のそばにいてくれて、ありがとう

こんな時に胃腸炎になった夫。

少し前のブログ記事で、周りのみんなに支えられ、ここまで穏やかな妊婦生活を送れたと書きましたが、やはり1番の支えは夫でした。

もちろん私も、子供を授かった事は嬉しいのですが、夫が1番喜んでます。

私がちょっと小走りすれば、走っちゃダメ!

私が遠い所に、歩いて行こうとすれば、仕事の調整をして、車で送ってくれて。

疲れたーと言えば、寝てなさい!

毎日朝からたくさん笑い、ほんとにストレスのない、過保護過ぎる生活を送らせてもらいました。

子供の誕生を楽しみにしてるそんな夫ですが、理解できない事もあります。

よくテレビとかで、旦那さんが奥さんのお腹に手をおいて、ナデナデしたりする微笑ましい光景ありますよね。

怪獣夫は、私のお腹をあまり触りたがらないのです。

今動いたから触って、と言うと、指で触るか、手の甲で触るのです。

痴漢じゃないんだから!と、よく私に怒られてる位!

どうやら、私のお腹がどんどん大きくなる現実についていけてないようです。

でもある明け方、ある気配で目を覚ますと、夫がお腹を普通に手のひらで触ってるんです。

でも、私が目を覚ましたのに気付くと、止めるんです。

父親になるのが、照れ臭いのかな?

あと、そんな消極的な夫が、面白い発想をしてたんです。

私は出産して、退院後、そのまま実家に2週間ほど帰るよ、と、産後の肥立ちや床上げの話をしたら、

「俺、1人で大丈夫かなー。うーん、不安だなー。」

とか、

「両親学級、ちゃんと聞いてなきゃなー」

両親学級??

どうやら、私が赤ちゃんをおいて、1人で実家に帰るとずっと思いこんでいたのです。

だから、二週間、1人で赤ちゃんを育てなければいけないと、思っていたそうです。

どんだけやる気満々?

父親になる準備が出来てないんだか、出来すぎてるのかわからない夫です。

先日健診に行った時、赤ちゃんの様子を見るため、40分間、赤ちゃんの心拍を取りました。

その時、すでに10分おきに陣痛の波がきてる事がわかったそうで、先生に、

「自分でその波わかりますよね?」

と聞かれたのですが、わかるよーな、わからないよーな…張ってるよーな…

どうやら、前駆陣痛という、陣痛の前触れのとの事ですが、先生に、

「ソラ母さんは、陣痛に気付くのかな?」

と心配されました。。。

って、私の方が心配だわー。

赤ちゃん、出てくるときは、出てくるって教えてねー

さてさて、そんな夫と私、どんな親になるのかしら?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
帰ってきました! 空うさぎ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる